ウォーターサーバーに温水があるのは便利だよね。

ウォーターサーバーには、冷水と温水がついているものが多くあります。冷水は、暑い夏の日に外から帰ってきた時の一杯には、ジュースより何より一番美味しいのではないでしょうか。

そして、温水は冬にホットコーヒーやお茶を作る時には重宝しますよね。毎回沸かさなくていいし、少しだけお湯がいる時は便利ですね。

あと、野菜を湯がく時は温水は時短になって良いです。土の中で育つ野菜(人参やじゃがいも・玉ねぎなど)な冷水から、土の外で育つ野菜(ブロッコリーやおくらなど)はお湯からゆがくといいと言います。

なので、後者の野菜の時はウォーターサーバーの熱湯は沸かす手間がなくて、便利だし、ウォーターサーバーの水ならおいしく湯がけそうですよね♪ 温水は、飲料を作るだけではなく料理にも使えますね。

でもウォーターサーバーのお湯を野菜を湯がくのに使うのはもったいないかな?でも、時短になるし、ガス代or電気代(IH使用の場合)の節約にもなりますよね。