アクセサリーを作ろう

小さいものを作ってマルカンなどを付ければ、アクセサリーに変身だよ。
という事で・・・アクセサリーを作るために必要なパーツを集めましょう。

カニカン:輪になっていて出っ張りを手前に引くと輪があき、ひっかけることができるやつ。たぶん名前を知らないだけで、見たことあります。よくキーホルダーとかについています。
写真の一番下の金具がカニカンです。これはストラップなんかと一緒だけど、この金具だけで売ってるよ。

アクセサリー1

丸カン、二重丸カン:これは名前の通りで、丸い金具です。一周しかしていないのが単なる丸カンで、二重になっているのは二重丸カンです。二重の方が強いです。

アクセサリー2

ヒートン:?みたいな金具見たことないかな?丸カンの片方が下に伸びた感じ。その伸びている方を差し込んむと、スイーツデコからは丸い穴しか見えなくなります。そこにカニカンとかをつなげてアクセサリーにするよ。

ストラップパーツ:丸カンのとこで紹介した写真みたいなもの全般です。先端がカニカンのもあれば、二重丸カンのものもあります。自分の用途に合わせて購入してみて!

便利な道具

スイーツデコ用の道具があればよいことだけど・・・家にあるものや100円ショップなどに売っているものでも代用できるよ。
例えば・・・クッキー型、歯ブラシ、ストローなどがあると便利なんです。あとは下敷きやクリアファイルを小さく切ったものなんかも粘土マットになったり、押してつぶすものとして使えます。

クッキー型は、もちろん食べるためのクッキーと一緒のものはつかないですね。スイーツデコ用として安いものを買ってくださいね。
あとは計量スプーンも便利です。丸い形も作れるしね。
ストローは穴をあける時に便利(#^.^#)

歯ブラシは、リアルな質感を出すためにちょっとたたくといい感じになります。
レースなんかも飾り付けにいいですね。
あとは、ペットボトルのキャップも使えますよ。

アイスなどをいれるカップとして使い、その周りにレースを貼るとオシャレなアイスカップに大変身。
こういう感じに、いろいろ使い分けると便利です。
フルーツ棒はかなり便利です。これがあると細かいフルーツは作らずに済む(#^.^#)

使用する材料は?

では実際に使う材料を覚えていきましょう!
ベースになるものはやはり粘土です。
白いベース粘土に、カラー粘土を入れて着色する場合と、白いベース粘土にアクリルの絵の具を入れて着色したりとやり方があります。

初心者は手軽にできる粘土で着色から始めることをお勧めします。やはり絵具を使用すると手も汚れてしまうし・・・ちょっと難しいです。
また粘土でも種類があります。樹脂風粘土、カラー粘土、ホイップ粘土、軽量粘土などがあります。
樹脂風粘土は、透明感がありなめらかで伸びが良いのが特徴です。ホイップ粘土は、シリコンとは違いマットな感じです。軽量粘土は、軽くて伸びが良く、繊維の毛羽立ちが少ないが、水に弱いので、作品によってはニスでコートをしてあげることが必要です。

着色やソースに使うものは、アクリル絵の具、アクリル塗料などがあります。アクリル絵の具は、粘土などの着色や、乾燥後の色つけにつかいます。安価で購入できるので便利です。アクリル塗料は、乾燥後も透明感があります。その特徴を生かしたものを作るときに使用したいですね。スリックは、固さや色がソースにとっても良いので便利です。

他には、つや出しでニスを使用したり、接着剤も必須ですね。
シリコンを使うためのコーキングガンもあると便利だし、ブルーミックスで型を作るのもいいですね。発砲ウレタンは、カップケーキなどに便利です。